副収入の確定申告について

副業で徐々に副収入を得られるようになってきたら、気になるのが税金面です。今回は副収入の確定申告について調べてみました。

副業の定義

副業とは「本業以外で収入を得ること」です。会社員の副業、家業以外での2つ目の仕事などのことを言います。

会社員の場合、就業規則で副業を禁止されていることが多く、バレた場合は解雇までにはならなくても上司から注意を受けることは間違いないでしょう。絶対バレない方法を選択していくことが大切です。

副業の確定申告は必要?

サラリーマンの場合、給与などの所得が20万円以下なら確定申告は不要と言われますが、本業と副業2箇所以上で所得のある場合は20万円以下であっても確定申告は必要となります。

確定申告のいらない副業もあります。

(株の取引で利益のあった場合)

証券会社の「特定口座」を開設して「源泉徴収あり」にしている場合は確定申告は不要です。

「特定口座」で「源泉徴収なし」にしている場合(簡易申告口座)は確定申告が必要です。

「特定口座」ではなく「一般口座」を利用している場合も確定申告は必要です。

本業の他に副収入がなければ株式所得20万以下は所得税の申告はいりません。

(株の配当があった場合)

株1銘柄に対して1回に支払われる金額が10万円以下の配当金は「少額配当」になり確定申告は不要です。

(アフィリエイトの場合)

自分のブログ(サイト)で広告収入のあった場合収入-経費=20万円以下は確定申告は不要になります。

(アルバイト)

アルバイトで副収入があった場合は必ず確定申告をします。無申告だと会社に住民税の支払通知が行ってしまいます。例え少額であっても確定申告は忘れずにしましょう。

副業が会社にバレるパターン

会社に副業がバレるのは「無申告」「住民税」「告げ口」の3パターンがあり、意外と多いのが告げ口からの副業バレです。それぞれの回避策をご紹介したいと思います。

「無申告」

確定申告が必要なのに申告をせずにいると法律違反になります。脱税ということになり税務署の調査が入って税金+無申告加算税+延滞税、または重加算税が加わることもあります。

「住民税」

住民税で会社に副業がバレることがよくあります。例えば年収500万円の人が年収600万円分の住民税を支払っていたら会社は気付いてしまいます。

これを対処するには副業分の住民税を「特別徴収」ではなく「普通徴収」にすることで回避できます。

確定申告の時に確定申告書類の住民税に関する部分を「自分で納付する」にチェックすると副業分の住民税は特別徴収ではなく自分で納付できるようになります。

万が一の手違いがないようにお住まいの地域の役所に4月中旬から下旬に電話をして普通徴収として処理されているか確認をしましょう。

「告げ口」

会社の同僚などに副業がバレてしまい会社に告げ口をされることがあります。これは同僚に自分から副業のことを話してしまいバレるケースが非常に多いので注意しましょう。

気心知れてる同僚であっても考え方は人それぞれです。副業で裕福に見えて嫉妬されることもあるかも知れません。お金にまつわる話は慎重にした方が無難といえます。

確定申告の時期や手続き方法について

確定申告は2月16日から3月15日の間にお住まいの地域の税務署で前年の1月1日から12月31日の間にあった所得を申告します。

青色申告と白色申告があり、青色申告は様々な書類を持参し提出することで税金が少し安くなる制度です。白色申告の方が簡単に申告できるので副業の収入分は白色申告をおすすめします。

また税務署のホームページから申告書類をダウンロードすることができます。

税理士に任せる場合

税理士に確定申告を頼むとお金はかかりますが安心です。しかし費用が高いので副収入が数百万単位である時などは3万円から10万円ほど支払うと手続きをしてくれます。

確定申告が面倒で自分ではしたくない人や絶対に会社にバレたくない人なども税理士に頼めます。

会社にバレない副業

会社にバレてはいけない副業は最初からバレにくいお仕事を選択することが大切です。アルバイトなどの場合、コンビニや飲食店で働くことが多くなりますが人目につきやすいというデメリットがあります。

職場関係の人が来店しないとも限らず、自分は気づかなくても相手に見られてる可能性もあります。不安を持ちながら仕事をするより人目につかない仕事で安心して副収入を稼ぐことをおすすめします。

そこで誰にもバレずにできる副業をいくつかご紹介していきたいと思います。

アンケートモニター

アンケートモニターはサイトから配布されるアンケートに答えてお小遣いを稼ぐスマホ副業です。市場調査のための様々なアンケートに回答するとポイントが貰えます。

貯めたポイントは現金に換金したり電子マネーや各種ギフト券にも交換できるんです。クリックだけの手軽な作業で稼げるので会社員の副業や学生さん、主婦、シルバー世代の人にも幅広く支持されています。

おすすめアンケートサイトTOP5

  1. マクロミル
  2. D STYLE WEB
  3. リサーチパネル
  4. infoQ
  5. キューモニター

データ入力

データ入力はパソコン(スマホ)を使って手書きの伝票や顧客名簿、アンケート結果などをエクセルに打ち込んでいくお仕事です。

タイピングの速度が早いほど仕事量をこなせて収入も増やすことができます。タイピングに自信がない方でもやっていくうちにすぐに慣れて速く打ち込めるようになるので大丈夫です。

データ入力で重要なのは顧客名簿などの個人情報の管理で汚したり紛失したりしないようにすることです。データ入力はクラウドソーシングに登録すると案件が豊富に掲載されているので仕事に困ることはありません。

◆おすすめクラウドソーシングTOP5

  1. ランサーズ
  2. シュフティ
  3. ココナラ
  4. Shinobiライティング
  5. Bizseek

オークション

オークションは様々な商品をネットオークションに出品して稼ぐスマホ副業です。自宅にある価値のありそうなものを出品することも可能ですが、大きく稼ぐにはリサイクルショップやフリマ、ブックオフなどで掘り出し物を安く購入してオークションに転売します。

取り扱われている商品の一例は電化製品、家具、ブランド品、財布、バック、アクセサリー、株主優待券、ゲームソフト、オンラインゲームのデータ、コンサートなどの各種チケットなどがあります。

消費者のニーズを把握することが稼ぐための大事なポイントです。仕入れ、商品の撮影、出品、落札までスマホ一台で手軽に行えるので隙間時間を活用した副業向きのお仕事です。

◆おすすめオークションサイトTOP3

  1. ヤフオク
  2. モバオク
  3. チケットキャンプ

メールレディ

メールレディはスマホを使ってメールで稼ぐ女性専用のお仕事です。サイト登録している男性会員とメールで会話します。

メールレディの時給は1000円、月収の目安は5万円から10万円以上稼ぐことも可能です。急な出費にも対応できる日払い制度があるので安心ですね。

稼ぎ方はアダルトとノンアダルトの2通りでメール以外にも通話、画像や動画(顔出しなし、加工OK)、掲示板、私物販売を利用して報酬を稼ぐこともできます。使うものはスマホ一台だけなので外出先でも手早く作業できますし、自宅でくつろぎながら相手に姿が見えないので部屋着のまま仕事ができます

40代50代と幅広い世代のメールレディが在籍していますがサイト登録は18才以上の女性で高校生は不可です。登録時に年齢確認書類(運転免許証、パスポート等)の提示が必要になっています。

おすすめメールレディTOP5

  1. クレア
  2. グラン
  3. ファム
  4. モコム
  5. ガールズチャット

まとめ

せっかく稼いだ副収入も会社にバレたり無申告で罰金を課せられてはがっかりですよね。しっかり確定申告をして安心して働いていきたいものです。

また、バレては困る副業なので最初からバレない仕事を選択することが大切です。信頼ある副業におすすめサイトもご紹介させていただいたので是非、参考にしてください。