出来れば避けたい…主婦の借金事情

仕事を持ってないと借金したくても出来ないと思いがちですが、ご主人という働き手のいる主婦はクレジットカードや保険金の貸付、消費者ローンからの借り入れが可能です。しかもご主人に内緒の借金というパターンも多く、ご主人が気が付いた時には借金が膨れ上がった後というようなこともよく耳にします

ではなぜ主婦が借金を繰り返してしまうのか、その理由は家計のやりくりが厳しく、不足分を借金で補ってたというものが多く、男性にありがちなギャンブルでの借金とは少し事情が違うようです。やりくりは、上手な人もいれば下手な人もいます。収入より生活費の方が多いと当然、家計は厳しく、また一生懸命働いてくれてる夫に今の収入では足らないとも言えず、自分で何とかしようと思ってしまうのです。最初はほんの数万から始まる借金ですが、もともと赤字の上に毎月の借金返済が増え、またお金が足りなくなると借金をするというスパイラルに陥り、利息もどんどん膨らみ、最終的に弁護士などに夫に内緒で借金をどうにかしたい」と相談に行くパターンが多いようです。こういう場合、ご主人や家族の協力があってこそなんとか返済していけるものです。とても自分一人で内緒のままで返済できるものではありません。最初に生活費が足らないと伝えられればよかったのですが、ほんの少しの勇気がなかったばっかりに、こんな大きな事態を招いてしまうのは悲しいことですね。

この背景には、奥さんに家計を任せきりで、ご主人が家庭のお金の流れを把握してなかったことが挙げられます。海外先進国では、夫が積極的に家計の管理をしたり、夫婦で使い方を話し合うのが一般的に浸透しているのですが、日本では夫は外で仕事をして、妻が家事やお金のやりくりして当たり前という考え方があり、その分 妻もお金が足りないということを、いけないことのように感じてしまうのかもしれません。足りないなら、足りないなりの暮らしをしていけばいいだけのことで、それは奥さんだけの問題ではなく家庭の中の問題です。

よく「借金がバレたら離婚になる」と心配される奥さんがいます。それぞれ家庭で違うとは思いますが、大抵は夫を信じて話し合った結果、離婚話ではなく、どうやって借金返済をしていくかの話になったという方がほとんどのようです。生活費が足りないなんてことは、どの家庭にもありがちなことです。足らずをどうするか・・パートに出る方法もありますし、お子さんが小さいご家庭では、自宅でネットを使ってのバイトなども始めやすい仕事ではないでしょうか。

借金でつまずいたことを教訓に、今一度 夫婦というものを見直して共に歩んでくださいね。