【意外と知らない】主婦はカードローン組める!?

収入がないとカードローンは無理・・と思いきや、専業主婦でもちゃんと組むことができます。いろいろな金融会社が主婦に対応して枠を設けています。確かにご主人や収入のある人と比べると少額になりますが、いざというときには利用することができます。

カードローンにも種類があり、総量規制対象の金融会社のカードローンと総量規制対象外の銀行カードローンがあります。総量規制対象とは年収の3分の1までという規制です。専業主婦個人には収入がないので総量規制対象の金融会社のカードローンは組みにくくなっています。消費者金融など貸金業などが総量規制対象で、銀行は総量規制対象外になります。

消費者金融でカードローンを申し込むと、収入証明や住民票、戸籍抄本など多くの本人確認書類を求められ、配偶者の同意書なども必要な場合もあります。

銀行カードローンは限度額が100万円を超えなければご自身の身分証だけで契約でき、収入証明書もご主人の同意書もいりません。これは銀行カードローンは貸金業法での貸付ではなく、銀行法での貸付になるからです。しかし銀行カードローンは消費者金融のものより審査が厳しいので、審査に通らなかった時には消費者金融のレディ―スローンなどの利用してもいいですね。ただし、利息は高め。しかもカードで返済、枠が空くといつでも借り入れできるといったものではなく、借り入れした金額に対して毎月一定額返済していくというもの。次に借り入れしたい場合はあらたに契約になる場合もあります。

銀行カードローンは審査は厳しいですが利息は低く、旦那さんの会社に連絡が入ることもないので誰にも内緒で借りたい」という人は銀行カードローンをおすすめします

即日融資については、消費者金融のカードローンはほぼ対応しています。銀行カードローンは対応している銀行もあれば、数日かかるところもありますので利用する銀行にお尋ねくださいね。

最後に一つ考えていただきたいのが、旦那さんに内緒でカードローンを組もうとしている場合です。銀行からであろうが消費者金融からであろうが、借り入れは立派な借金です。収入のない専業主婦の返済はご主人のお給料からになることが多いと思います。利息のついた返済を内緒のまま何年も支払っていけますか?支払いに困った時はどうしますか?借り入れする時はしっかり計画し、無理のない返済ができる借入額を設定してくださいね。