専業主婦が抱えるお金の悩みと将来への不安

専業主婦というのは、はたから見ると一見とても暇そうに見えますよね。

朝起きたら、家族の朝ごはんを作って、送り出してからお掃除、お洗濯、そしてお昼になったら昼ドラを見ながらお昼ごはん、夕方になったらお夕飯のお買い物に行って夫の帰りを待つ。こんな生活の人が多いのではないでしょうか。でも自由に見える主婦にだって抱える悩みはあるのです。

1番多い悩みというのが、最初にイメージで主婦像を語りましたが、やはり世間にも暇だと思われやすいみたいでそれが悩みになるようです。

2番目に多い悩みが家事についてで、家事はして当たり前、できて当たり前で、やはり世間から見ると評価もされず、実際主婦の人にもやりがいがないと感じる人が多いみたいです。

3番目将来への不安とお金の悩みというのが出てきます。

主婦はいくら頑張っても普通の生活を送っているだけでは、家庭の収入を増やす事はできません。食費を削ったり、光熱費を抑える工夫などはできますが、収入とは違います。また、働いていればキャリアを積む事ができますが、それもできません。

収入は夫だけが頼りになってしまい、夫の方にもそれは大きなプレッシャーになったりもします。最近は熟年離婚なんていう言葉も流行りましたが、離婚もお金とは切っても切れない関係にあります。もし離婚することになっても、夫の方はそのまま仕事を続けることもできますし、キャリアを積んでいるのでそんなに仕事に困る事はありません。

しかし主婦だった妻には大問題になるのです。離職期間が長すぎたり、何か仕事で使えるような資格を持ったりしていないと、急に仕事に復帰するというのはとても難しい事になります。それが原因で離婚したくてもできない主婦もいたりします。

お金の悩みというのは多くの家庭に様々な問題を運びます

夫の収入はほぼ決まっており、冠婚葬祭や事故、病気などの突発的な出費が出ると、主婦は自分のお小遣いを削ったりしないといけなくなります。それですめばいいですが、頼りきりの夫が重い病気にかかったりしたらもう大変な事になります。預貯金があれば切り崩していくことになりますが、それも尽きれば借金を背負わないといけなくなり、家計は一層厳しくなるでしょう。夫の心配をすることも考えると、精神面ではダブルパンチで磨り減ることになります。

こうしてみると一見楽そうに見える主婦ですが、悩みはいくらでもあり、人生に大きな影響を与えうる事故も降りかかる可能性は大いにあります。