最初が肝心!働く女性の朝食事情

あなたは今朝、朝食をとりましたか?ダイエットのために朝は食べないという人や、わかっているけど食べる時間がない人、朝は食欲がなくてという人もいると思います。しかしエネルギー不足では仕事面だけでなく、肌色がさえなかったりとマイナス要素が多くなりがちです。朝は自分の摂りやすい食品で、はつらつ働き女子パワーをチャージしましょう。

パンとコーヒー

朝はこの組み合わせが多いですね。パンの炭水化物や脂質はエネルギーとなります。しかし、残念なことにこれだけではうまくエネルギーを燃焼できません。ゆで玉子やスクランブルエッグでビタミンB群を加えると効率よいエネルギー燃焼になります。

ご飯とお味噌汁

理想の朝食。お米も炭水化物でエネルギーの素。お味噌汁の具のお野菜や汁の水分で便秘予防にもなります。また少しの量でも満腹感を感じ、腹持ちもいい組み合わせです。お味噌汁の具に少し気を配ってお魚を入れてみたり、ほうれん草など緑黄色野菜を使うのもいいですね。

スムージー

ダイエットと美肌のために朝食はスムージーという人もいますね。便秘予防にもなりますが、冷たくしたスムージーは身体を冷やしてしまいます。生姜を使ったり、朝は氷は入れないなどすると代謝も上がりやすくなりますよ。

フルーツグラノーラと牛乳

穀物や果物の栄養素が多く含まれ、ビタミンや食物繊維、鉄分も豊富で良いエネルギーになります。牛乳のカルシウムもプラスで栄養バランスはバッチリ。しかし、砂糖が多いのが気になるところ。朝の空腹時にいきなりの砂糖は血糖値を急激に上げてしまいます。グラノーラの量を把握し、牛乳を低脂肪か豆乳にするとヘルシーですね。

バナナとヨーグルト

バナナは低カロリーで食物繊維が豊富、ヨーグルトのビフィズス菌とのナイスタッグでダイエット効果も期待できます。しかし、バナナは身体を冷やす効果もあるので、お鍋で少しあたためた豆乳も一緒に摂るのがおすすめです。時間がなくて朝食を食べない人、お腹がすかない人は朝は少し早く起きて頭と胃袋を起こし、まず朝食をとることを習慣づけましょう。口から体内に取り入れた食品は、必ず自分のために働いてくれます。喉越しのよい野菜ジュース、ヨーグルトドリンクから始めてみましょう。慣れてきたらバナナやプチトマトなど、簡単に丸かじりできるのものをつまんだり、徐々に小さなおにぎりやゆで玉子に変えて効率よいエネルギーをチャージしていってくださいね。