副業で在宅ウェブライターを始める

ウェブライターと言うと横文字で難しそうなイメージですが、未経験から始めることができて、書けば書くほどライティングスキルを上げることができます。

今回はそんなウェブライターについて紹介していきたいと思います。

ウェブライターってどんなお仕事?

在宅ワークの中でも人気のあるウェブライター。ブログ記事などのウェブコンテンツを書くお仕事です。

書く内容はコラム的なものだったり、体験談やニュースサイトの記事・インタビュー・美容・税金・料理・旅行・投資・子育て・健康・婚活・節約術についてなど、クライアントの様々な要望に添うような記事を書きます。

自分の知識で書けるものだけではなく、今まで体験したことのない内容の記事を書くことも多く、ネットや書籍などからいろいろリサーチし、正しいことのみを書いていきます。

思い込みや誤情報を書かないように注意が必要です。

また、たくさんの人に読んでもらうために興味を引く魅力のある文章を書かなくてはいけません。

それと同時にSEOを意識したライティングもウェブライターに求められるスキルです。(SEO=Search Engine Optimizationの略。検索エンジン最適化。検索エンジンでウェブサイトが上位、及び、より多く出てくるよう行う行為)

とは言ってもウェブライターを始めるのに特別な資格は必要ありません。

まずクライアントの目的と誰に向けたものを書いているのかを明確にし、SEOを意識すること、分野ごとの知識を掘り下げるリサーチを心がけてウェブ上に文章を作成します。

文章を書くのが好きな人、調べものや知識を深めるのが好きな人に向いてる副業です。

そして稼げるウェブライターになるには、稼ぐ金額に見合ったスキルを求められます。魅力的な読みごたえのある文章を書くことが最も重要なスキルといえるのではないでしょうか。

記事作成のポイントはいくつかありますが、1つはタイトルとも言われています。人を惹きつける魅力あるタイトルがあれば読まれやすいです。

それに加えてSEO対策です。検索に上位に表示されるような工夫が必要です。ただ単に重要ワードを並べただけのタイトルでは魅力に欠けますよね。

SEO対策でタイトルの最適な文字数は28文字から32文字までと言われています。そのタイトルの中に入れるキーワードの位置も重要度の高いものから並べていくと検索の上位に来る可能性が高くなります。

また、どの年代のどのような読者に向けての文章なのかをタイトルに織込むことで、ターゲットである読者層の目に止まりやすくなります。

そういう部分に配慮しながらライティングをしていけば自ずとスキルは磨かれていきます。

ウェブライターが人気の理由は?

ウェブライターは数ある在宅ワークの中でも人気の副業です。ネット環境と最低限タイピングができれば誰でも始めれるお仕事だからです。

初期費用も不要で、思い立った日から仕事を受注できます。自宅で自分の都合に合わせて進めていけるのも魅力の1つですね。

在宅ワークをしながら家庭と両立をしたい主婦層にも人気です。

たくさんのクライアントから色々なタイプの案件やテーマが出ており、子育てや料理、節約術など主婦層に合ったテーマも多くあります。

主婦ならではの目線で書いた文章は、読み手である主婦の共感が期待できますし、実体験から出る生きた言葉は読み手の心に響きます。

OLの副業としてもとても人気です。仕事のお休みの日だけ受注する、出掛ける予定があるので受注しない、欲しいものがあるので受注の量を増やすといった自由度の高い働き方ができるからでしょう。

また、外での副業と違い、出勤する準備や通勤時間のロスもありません。誰かにバッタリ会うといった心配もなく会社にバレることもありません。当然、自宅なので服装への気遣いは不要です。

クライアントからの依頼や案件も、TPOに合わせたファッションだったり、コスメ系や美容関連が多く、持ってる知識だけでも記事の作成が可能だったりします。

頑張れば頑張っただけ収入に直結しますし、ギャンブル性や違法性は全くない安心してできるお仕事なのも人気の理由の1つです。

それだけではありません。

クライアントから依頼された1つの案件に対して、いろいろな側面からリサーチして知識を得ることは一見かなり面倒な作業に見られがちです。

しかし、調べものが好きだったり、文章を書くのが好きだったり、他の人に発信するのが好きだという人にとってはかなり魅力のあるお仕事になります。

そしてウェブライターを数か月するだけで、自分の身についたいろいろな分野の知識の量と深さを感じるでしょう。

1つの案件を大切に丁寧にこつこつ仕上げていると、いつの間にか文章構成スキルも上達し、自分が発信したい通りに文章をすらすら書けるようになります。

自分の書いた言葉が価値を持つという快感は他ではなかなか味わえるものではありません。

ライターのスキルが上がってくると特別に高額な案件を受注できるようになったり、1つの案件に対しての単価が上がったり、クライアントの固定ライターになることができます。

その様なやりがいを強く感じることが出来るというポイントがウェブライターの根強い人気の理由なのではないでしょうか。

ウェブライターで稼ぐコツ

在宅ワークとしてのウェブライターのお仕事は増加しており、これからも伸びていくでしょう。初心者でも難なくできるお仕事から、経験やスキルを求められるものまで様々です。

ウェブライター初心者としてデビューし記事を仕上げたら、次は収入アップも視野に入れていきましょう。

ウェブライターは自分の持ってる知識やSEO対策のスキル、文章力がそのまま収入に反映されやすい性質を持っています。

つまり、これらの基礎が上がると自然と今までより稼ぐことも可能ということです。

ウェブライターで稼ぐ為にまずおすすめな方法が「得意分野を最低1つ持つ」ということです。

例えば、ヘルパーの経験がある人はヘルパーの知識を更に深めます。

介護をする上で気を付けるべき事柄やモチベーションの維持、ヘルパー利用者さんやご家族の気持ちなど、現場にいた人にしかわからないことがたくさんあると思います。

ファッションが好きな人は流行最先端のカラーやスタイル、体型に合わせた服の選び方など、今持っている知識をどんどん深めていきましょう。

ダイエット経験のある人はダイエットの種類と方法、メリットとデメリット、ダイエット中のメンタルコントロールなど、深める知識はいくらでもあります。

得意分野についてのライティングは専門用語などの様々な知識が元から自分の中にあることが多いので、非常に書きやすく内容のある文章になります。

文章力などのスキルによっては最初の単価は安くなるかもしれません。

しかし、文章力は書いているうちに必ず上達します。

とにかく最初は得意分野のライティングの数をこなしてスキルを磨くのが最良の方法です。

その後、ニーズに合った分野の知識を深めていくのがポイントとなります。ニーズに合った案件は単価も高く設定されているのでおすすめです。

それとは別に、専門的な知識を持っているライターが少ない案件も狙い目です。進んで深く掘り下げたリサーチをし、その案件についての専門的な知識を身に付ければ、上記で書いたような固定ライターになることも可能なんです。

あるクラウドソーシングの収入ランキングではTOPが50万円で、上位の人たちも20万円を超えていました。

当然、2万円の人もいますし5万円の人もいます。この差はスキルとライティングに費やす時間の差です。

副業にそこまで時間をかけれないという人も諦める必要はありません。スキルを上げていけば自然と高単価で依頼してくるクライアントも増えていきます。

ウェブライターで稼ぐにはとにかく数をこなしてスキルを上げる。これが1番の近道です。

収入に直結しやすいお仕事なので中級者の副業に最適です。