チャットレディは女性の副業におすすめです

女性の副業と言えばチャットレディが定番ですよね。

そこで、今回はチャットレディについて詳しく説明していきたいと思います。

チャットレディってどんなお仕事?

チャットレディとは女性限定のお仕事で、インターネット上でウェブカメラやスマホを使ってライブチャットに登録している男性会員と楽しくコミュニケーションをとるお仕事です。

チャットレディにはアダルトとノンアダルトがあり、在宅OKのところや、出勤して個室の中でお仕事をするという形態のところもあります。

どちらもネット上でのお仕事になるので、直接男性会員と会うことはありませんし、ネットを介してのお仕事なので注意すれば危険なことはありません。

年齢制限は店舗(サイト)により違い、基本は18歳以上で、中には30歳以上歓迎のところもあります。

お仕事をしている人たちは学生やOL、主婦など様々で、男性会員の幅広いニーズに応じれるようになっています。

普通の副業と比べ報酬は高く、家にいながらできるので人気は高いです。

ネット上のやりとりですが、危険が全くないというわけではありません。注意しなければならない点としては、やはり個人の特定を避けなければなりません。

例えば会話であっても自分の住んでるところ、働いてるところ、年齢、近くの駅などでも伝えてしまうと危険になる場合もあります。

できれば仕事用の出身地、名前、住んでる場所など実際とは違った設定を考えた上で仕事にのぞむとよいでしょう。

他にも化粧で逆にホクロを書いたり、普段しているメイクとは違うメイクをわざとするのもいいと思います。

プライベートの連絡先を聞いてくる男性客も少なくはないですが、まったく教える義務はなく、身の危険につながる恐れがあるので絶対にやめておきましょう。

チャットレディとはウェブカメラの出始めた2002年ほどから始まっており、現在も需要が衰えていないところを見ると、これからも安泰のお仕事と言えます。

最近ではスマホでもチャットレディの募集をしているサイトが増えてきました。パソコンを使わなくてもできるようになったのでチャットレディを始める女性も急増しています。

ノンアダルト、顔出しNGでもOK

ライブチャットというと、真っ先にアダルトというイメージが思い浮かんでしまい、服を脱いだり、淫らなアダルト行為をしなければならないと思っている方が多いと思います。

しかし最近ではノンアダルトやカメラで顔を出さなくてもできるライブチャットというのも出てきて、垣根はかなり低くなりました。

収入はもちろんアダルトより低くなりやすいですが、アダルトに抵抗のある女性ならこちらの方が仕事しやすいのではないでしょうか。

ノンアダルトでも普通のお仕事や副業に比べたら、話してる時の時給はとても高いものになります。

チャットレディの仕事内容というのは、アダルトなのにアダルトを求めなかったり、その女性のキャラクターとお話をしたいという方もいたりと、つまりは相手になる男性会員の要求で仕事内容が変わってくるのです。

ノンアダルトなのにアダルトを要求してくる男性もいるといいますが、そういった要求はきっぱりと断って問題ありません。

中には最初ノンアダルトからこの仕事を始め、慣れてきてからアダルトに移行するという女性や、アダルトから逆にファンを連れてノンアダルトに移行してさらにファンを増やして収入も増やすという女性まで様々な働き方があります。

ほかにも緊急でお金が必要になったので、手っ取り早く稼いでしまうという女性も多いですね。

チャットレディは登録も簡単ですぐに稼げてしまうため、どうしてもお金が必要という場合にはとても助かります。

チャットレディなら高収入も稼げる

収入に関しては月100万円はもちろん、200万円~300万円を稼ぐ人気パフォーマーもいれば、8時間待機しても誰も来ない日もあるというパフォーマーもいます。

手っ取り早く高収入を稼げるようになりたいという方は、自宅待機で男性を待つというスタイルではなく、通勤型の個室で待機するというスタイルにすると、専属スタッフが色々なアドバイスをしてくれるので早く上達できます。

専属のスタッフはプロなのでファッションや基本的な会話の指導など細かく教えてくれます。

通勤型の個室待機は自宅待機よりも家族にバレにくく、アリバイ工作までしてくれてとても働きやすい環境を作ってくれます。

ノンアダルト系の最高時給は約4500円、アダルト系の最高時給7500円となっており、3000円もアダルト系の方が高い事がわかります。

もちろんアダルトの方がノンアダルトに比べて収入は高くなりやすいですが、ノンアダルトでも月収4~50万円を狙うことが可能です。

あとは登録するサイトによっても収入はかなり変わってきます。

報酬の値段が変わるのはもちろんで、チャットレディ登録者の傾向、数なども違い、自分がどこに登録するかで集客できるお客さんの年齢層や数なども変わってくるでしょう。

有名どこのDMMでしたら、動画や株などにも手を出しており、ネームバリューでの集客力は間違いなく1番です。

他にはライブでGOGOというサイトもありますが、ここはいろいろな需要に合わせたライブチャットを経営しており、パフォーマーの働きやすさも考えられているので掛け持ちしやすいなど、働きやすいという傾向があります。

あまりに低い知名度のサイトを選んでしまうと数時間待機してもお客が来ない場合もあり、収入にならないので注意しましょう。

アダルトだったら体の美しさ、セクシーさなど視覚的に男性を惹きつけることのできる魅力になったり、ノンアダルトだったら声の質、喋り方などが魅力になったりしますが、どちらを通しても大事だと言えるのはやはり会話力になります。

会話の続かないパフォーマーよりは、やはり会話が自分と弾む相手を男性は選びやすいでしょう。

他に大切な事は、やはりその男性会員との相性という事になるわけですが、上手なパフォーマーさんは相手の男性によって、自分のキャラクターを変えて相手を惹きつける事ができます。

まさにプロと言えるかもしれませんね。キャバクラ嬢でもこういったスキルを持っている女性は稼ぎやすいです。

もしそういった事が難しいという女性でしたらニッチだったり、マニアックなジャンルを狙ってみるといいかもしれません。

最近では主婦のパフォーマーが人気だったりしています。

やはり誰か知らない男性の妻と背徳感のある行為をしたり、おしゃべりで独占しているという事が男性を駆り立てているのかもしれません。

主婦ならば家事が終われば暇な時間も多く、チャットレディとして待機もしやすくなるわけです。

人生経験も豊富なため、会話がうまく途切れなかったり、上手に話題がふれたり、自分の経験も話すことができるため人気なのでしょう。

他にはふくよかな女性が好きという方だってもちろんいたり、喋り下手で無口な女性に自分の話しを聞いてほしいという男性も中にはいます。

うまくそういう層を取り込めたら、人気パフォーマーとまではいきませんが決して少なくない収入を見込む事ができるようになるでしょう。

魅力というのはもちろん万人受けするものは大きな武器となりますが、魅力のない女性、需要のない女性というのはいないのではないでしょうか。

こんな私でも…と自信のない方でも、何かしら魅力を見つけてくれる男性がいることは多いです。

チャットレディを始める方の7割は初心者の状態から始めます。アダルトに抵抗があるという方はまずはノンアダルトから無理なく始めてみてはいかがでしょうか。

まとまった副収入を得たいという女性にチャットレディはおすすめです。