大卒の女性がフリーターでいる理由と悩み

大学生時代というのはモラトリアム期間、なんて事を聞いたりしますが、中にはこのモラトリアム期間が何年か伸びてしまう学生もいます。大体の学生は学生時代に社会に出るための準備をするわけです。色んな人、物、考え方に出会い、触れて自身のやりたい事、目指したいものを探したり、またはもう見つかってる学生はさらにそれを深めていくわけです。

そうやって過ごせた学生時代というのは決して無駄にはならないでしょう。

しかし全ての学生がそれをできるとは限りません。人生の中で自身のやりたい事が見つかる、というのはとても幸運なことではないでしょうか。中にはそれがとても難しい、という人は少なくありません。しかし大体の学生が自身のやりたい事など見つからなくても就職し、社会に出つつ、自身と向き合い、また探していくわけです。

一方で、大学を卒業したあとも、フリーターとして食い扶持をつなぎ、また別のやり方で人生をさまよう、なんて人もいます。前者は、仕事を生活のためと割り切れる人でなければなりません。後者はやりたい事が見つからないのならば、仕事はできるだけ楽な仕事がいいとか、自分に都合のいいように考え、そんなことを考えてるうちに、就職活動もろくにせず大学というモラトリアム期間が終わっていた、なんて状態に陥ってしまったりします。

中には、フリーターを選択する人の中には、やりたい事の決まってる人たちもいたりします。例えばバーテンダーになりたかったり、飲食を早く経営したい、などといった人は就職せずにフリーターとして実務を積む人もいます。

他にはやはり就職活動で失敗した人たちもいます。全ての人が自分の希望するところに就職できるわけではありません、そこで初めて挫折を味わう人だっているでしょう。人生初めての挫折によりフリーターという楽な道を選択してしまう、という場合もあります。

最後に、一度は就職してみたものの、自分の想像していた会社、社会とは違っていたために退職してしまうケースです。職場に馴染めない、雰囲気が自分と合っていないとやめてしまったり、待遇が想像していたのと違っていた、なんていうのも少なくありません。待遇が違っていた、という場合はまだ上司などに相談するなどで改善する場合もありますが、自分と合わなかった、というのは自分、会社どちらに問題があるのか判断が難しいでしょう。

自分に出来ることをやるしかありませんが、原因を追究し、できる限りのことをやってからでも退社は遅くないと思います。