いらない物を売ろう!オークションで稼ぐ方法

オークションには大きく分けて2種類あります。現地に赴いて直接、値を競り合うものとネットを介して値を競り合うものです。

今日はネットを介して行うオークションの利用方法、また儲け方についても説明していきたいと思います。

オークションってなに?

まずネットオークションとは、文字通りネット上でオークションを行う事をいいます。

オークションとは競売のことであり、出品者が最低落札価格を決め、期間中に最も高値をつけた人がその商品を落札することができます。

有名なオークションサイトとしては、ヤフーオークション、楽天オークションの二つがあげられたのですが、去年楽天オークションが運営を停止してしまい、実質有名なところと言えばヤフーオークションしかないというのが現在の状況です。

最近ではフリーマーケットアプリのメルカリなど、オークションとは違ったシステムですが、台頭してきているサイトもあります。

もしヤフーオークションで商品が自分の思った通りの値で売れない、なんて場合はメルカリなどを見てみるといいかもしれませんね。

ヤフーオークションを利用する際のシステムを見てみます。

  • 出品者:月額498円のヤフープレミアム会員登録が必須+落札額の8.64%が落札手数料として引かれます。
  • 落札者:落札額+送料のみになります。

注意しなければならない点もあります。

このヤフーオークションというのは基本的に個人と個人のやり取りになります。よく商品説明を読まずに落札し、後から似ているけど自分が思ってたのとは違う商品が届いたと、出品者にクレームを入れても、取り返しのつかないこともあるんです。

例えば姑息な手段ではあるのですが、ある有名商品の箱を商品として載せ、あたかも新品が入ってるように見せかけたり、掲載されていた写真と似ても似つかない商品が届くこともあります。

さらに最悪な例を挙げると完全に詐欺なのですが、商品を買ったつもりでいても、その買った商品が他の人に届けられて、代金だけ自分が支払っていた、なんてケースすらあります。

そこまで悪質なトラブルとなるとヤフーの運営も動いてくれますが、自分の不注意の場合はお金が戻ってこない場合も少なくありません。

相手の出品者の情報や、出品されたタイトルなどをしっかりと読み、なるべく詐欺に合わないよう未然に防いでください。

今日書きたいのはネットオークションを通した稼ぎ方ですが、この稼ぎ方を知る前に、ネットオークションにはいくつかの詐欺があることを知っておいてください。

オークションでどうやって稼ぐの?

さてここからが本題のネットオークションを使った稼ぎ方になります。

もしあなたが今持っているもので、使ってないものや不必要なものが売れたりしたら、スペースも空くし、お金にもなって嬉しいですよね。まず自分に売れるものがないか見てみましょう。

  • 家電にも色々売れる物があります。少しくらいの型落ちなら決して高くはないですが買う人は結構います。
  • 使わない金券なども売ることができます。景品などで当たった図書券をお金に変えたい場合や、航空券、株主優待券なども売れます。
  • 漫画や本なども売ることができます。古本屋での価格と比べてから売りに出してみましょう。
  • 着なくなった洋服、バッグやブランド品もおすすめです。元は結構高かったのに質屋で売ると大した値段にならない場合がよくあります。それがオークションとなると欲しい人たちが競うため、思いもよらない値段が付くこともあるそうです。
  • 既に手に入れることのできなくなったもの。こういった物こそオークションに出す価値があります。骨董品からおもちゃ、ファミコンゲーム、景品など色々なジャンルのマニアがいて、自分にとっては何の価値がないような物がマニアにとっては喉から手が出るほどほしいという可能性もあるんです。
  • あとは使わなくなったパソコンもおすすめです。中古のパソコンショップに持っていくとかなり安く買い叩かれてしまいがちですが、オークションだとそれ以上の価格で売れることも多いです。今流行のゲーミングパソコンなどがまさにその1つで、パソコン自体が動かなくてもゲーム用に買ったパーツが生きていればそれ単品で売ることができます。そしてゲーミング用のモニターも一般のモニターとは性能が違うのでそれなりの値段で売れるでしょう。

どうでしょう、自宅に眠っているもので何かしら売れそうなものがあったりするのではないでしょうか。

家でスペースをとったまま眠らせたり、倉庫でほこりをかぶらせておくのはもったいないので、ぜひオークションを活用してみてください。思いもよらない収入になることもありますよ。

忘れてはいけないのは、発送の梱包などもしなければならないという事です。もちろん慣れればなんてことのない作業なのですが、段ボールやテープ、緩衝剤などで商品が壊れないように送り、なるべくクレームを受けないようにしましょう。

オークションで稼ぐコツ

オークションでさらに稼ぐコツを紹介したいと思います。

もうすでに自分の家にあるいらない物は売ってしまったけど、この方法で稼いでみたいなんて方は、自分で物を仕入れて、それをオークションに出す、なんていう方法もあります。いわゆる「転売」や「せどり」と言われているものですね。

有名なものとしては古本屋で本やCD、DVDなどを仕入れて、それをオークションに流してその差額分を利益にするという方法です。

他にもネットショップのセール品を仕入れて、通常価格より少し安くオークションで売る、といった方法もあります。

パソコンの前に座り、色々なセールをチェックして差額を儲けていくというスタイルならネットとパソコンさえあれば誰でもできるでしょう。

しかし古本屋に実際に出向く場合は、見つけた品物がネットでいくらで売れるのかを調べないといけません。

そんな時にはスマホの専用アプリ、もしくはバーコードリーダーなど、すぐに仕入れ値と売却額の差額を教えてくれるツールが役立ちます

他には、新発売で品薄になってしまうものも儲けることができます。

今流行りの任天堂スイッチもそうです。小売店が任天堂スイッチを新しく入荷しても、オークションで流すのを目的とする人がすぐに買い占めてしまうため、一般の方が定価で買う事は困難な状況となっています。

ちょっと前から話題になっている人気アーティストのコンサートチケットも同じですね。前列の方の特別良い席なんかは何倍もの値段がついてオークションに並んでいたりします。

しかし注意点としては、こういった商品を仕入れるのにはそれなりの元手が必要となり、商品が売れるまでは利益を得ることができないので、元手は少し余るぐらい用意しておいた方がよいでしょう。

業者側も色々な策を講じて転売を阻止しようとはしているのですが、どの方法も成功を収めてるとは言えない状況です。

現代の資本主義というのはこういった物流で成り立っていて、仕入れたものをオークションに出して利益を得る、というのも立派な稼ぎ方の一つなのです。

ちなみにこれらの方法は違法ではありません。

まとめ

不要なものをオークションで売ってみる、という初歩的なことから、転売やせどりなど実際に自分で商品を仕入れて売るといったものまで、オークションを利用した稼ぎ方はたくさんあります。

これだけに専念すればオークションのみでかなりの収益を得て生活する事も可能です。

働き方というのは様々ですが、もしこの方法に興味が出たという方は、まずは身の回りの不要なものからオークションに出してみてはいかがでしょうか。