自分が撮った写真を販売してお小遣い稼ぎ

現在、カメラは私たちの身近なものとしてすっかり定着しました。一昔前は、携帯電話についてるカメラでは画質が悪く、カメラを別に持つ利点が多くありましたよね。

しかし最近のスマートフォンについてるカメラは、低価格帯のコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)に比べても性能は高いものが増えており、わざわざ安物のカメラを持ち歩く利点は減ってきています。

しかし中価格帯以降のカメラは、まだスマートフォンより性能がいいものが多く、もし自分が撮った写真を販売したいという人にはおすすめになります。

写真販売ってどんな副業?

もし自分の撮った写真が必要とされ、売れるとしたら、売ってみたいと思う方は多いのではないでしょうか。

料理が得意な人だったら作った料理を綺麗に撮る事も可能でしょう。旅行などによく行かれるという人は綺麗な自然の写真を撮りやすかったりするでしょう。

実際に自分で撮った写真を売って生計を立ててる方はいらっしゃいます。ではどうやって写真を売っているのか見てみましょう。

簡単に言うと、まず自分で写真を撮り、その写真をストックフォトサービスと呼ばれるサイトに登録します。

ストックフォトサービスには何万という写真がストックされており、購入者はそこから好きなものを選んで買うことができます。

そしてその写真が売れれば自動で写真を撮った本人に報酬が支払われるという仕組みになっています。

簡単に説明しましたが、この副業は撮った写真をサイトに登録するのにもそれなり審査が必要だったり、最後に簡単なテストがあったりするサイトもあったりと、下手したら審査に落ちる事もあります。

プロのカメラマンも数多く写真を掲載していたり、もうすでに何万点もの写真がストックされており、その中から自分の写真が選ばれるという事はなかなか簡単なことではありません。

写真販売のおすすめサイトと始め方

では写真を掲載するストックフォトサービスをいくつか紹介したいと思います。

フォトストックサービスによって報酬や審査の厳しさなどかなり変わってきます。会員登録は全て無料ででき、登録すると写真を閲覧する事ができるので、それぞれのサイトの雰囲気を感じてみるといいかもしれません。

  • PIXTA

日本人が投稿している写真が多く、クオリティも高いものが多いです。一応世界展開もしていますが、日本最大規模のフォトストックサービスとなります。審査は甘め。報酬は写真の価格の22%~58%になります。

  • Fotolia

全体的にバランスがよく、世界展開しており単価は比較的高めになります。写真販売の初心者におすすめのフォトストックサービスです。報酬は写真の価格の20%~63%になります。

  • Photolibrary

日本のサイトでクオリティ自体はそんなに高くなく普通のものが多いです。販売価格を自分で決めることができ、報酬はその40%になります。

  • Shutterstock

海外ベースのサイトで世界最大級のフォトストックサイトです。登録時にパスポートが必要になりますが、写真の売れ行きは良いみたいです。写真登録の審査は厳しくクオリティが高いものが多いです。日本人の画像は少なめ。報酬は1枚0.25$~です。

以上の比較的有名な4サイトを紹介しましたが、フォトストックサイトはまだたくさんあります。

しかし知名度の低いサイトに写真を掲載しても、見てくれる人が少ないため収入になりにくい点は注意してください。

写真販売はこんな人向きです

今や誰もがカメラを持っていると言っても過言ではないですね(スマホも含めて)。写真を撮るのが好きな人ならば、カメラをぶら下げて散歩に出たり、旅行をしたり、という方も多いと思います。

お子さんや、ペットを飼ってる方ならたくさんのシャッターチャンスに恵まれているでしょう。

もちろん子供、ペット、旅行といったテーマの写真はフォトストックサービスの中でも売れ筋のテーマになります。

何気なく撮った1枚でも売れるかもしれません。しかし、正直何気なく撮った写真では売れ筋のテーマに関する写真だとしても売れる枚数は少ないと思います。

もし写真という趣味でお小遣い稼ぎができたら、と思う方は一歩上の世界を目指して、売れる写真を撮ることを目標にしてみてもいいかもしれません。

ただし高級カメラが絶対に必要とまでは言いませんが、フォトストックにある写真の多くは良い機材を使って撮られており、もしそれらと張り合う写真を撮りたかったらスキルはもちろん、初期投資もそれなりに必要になってきます。

そして機材が良ければいい写真が撮れる、というものでもなく、その人のセンスや勉強、テクニックに強く影響されます。

こういったものは短い時間で身につくものではありませんので、根気よく長く続けられる方、本当に写真が好きな方にこそ、この副業は向いていると言えるでしょう。

そして自分が撮りたい物を撮るのか、それとも売れる物を撮るのかという点でもスタイルは分かれていきます。

写真販売で稼ぐコツ

ここまでフォトストックサービスで写真を売るのは難しいと言い続けてきましたが、良い機材のない方やスキル、テクニックのない方でも写真を売りやすくするコツというのがあります。

そこをしっかりと抑えれば全く写真が売れないという事はないでしょう。それではコツをあげていきたいと思います。

  • 求められている写真をイメージして撮る

やはり自分で写真を撮るときというのは自分が撮りたいものを撮る場合が多いですが、それでは売れる写真は撮れません。

なるべく多くの一がその写真で何かをイメージできるようなものを撮った方が売れるでしょう。

例えば人の感情の喜怒哀楽。何かサイトや文章を作る時にこういった画像があるとよりわかりやすいですよね。

  • メジャーな物を避けて、マイナーな物や誰も撮らなそうな物を狙う

メジャーなものというのはすでにいくらでも、レベルの高いものがストックされているはずです。それらと勝負するのは分が悪いでしょう。

あえて、マイナーな物や、人が目にも留めないような物を撮ってみたほうが売れたりします。

  • その場所でしか撮れない特有な物、例えば風景や伝統文化を撮る

例えば日本のお祭りなどはすでにフォトストックではメジャーになってしまいましたが、そういったその地域の固有の伝統だったり、風習、風景というものはやはり写真の醍醐味と言え、売れやすいです。

  • 季節や時季を意識したその時にしか撮れない写真を撮る

例えばこれもメジャーになってしまいますが、紅葉などは場所によっても見せる顔を変えるので、同じ写真というものができにくいです。

他にもその季節に合わせた風物詩、たとえば最近ならばハロウィーンや、イースター祭なども日本で流行りだしましたね。

  • 大人数を使ってイメージした場面の写真を撮る

少人数が映ってる写真ならば、友達など呼んでそれほど難しくなく撮る事はできますよね。

しかし大人数で何か一つの事をしてるところの写真というのは中々撮る事は難しいです。人数というのもパワーになります。

例えば物販サイトで、何人もの人が宣伝してる商品を使っているところの写真を載せたらそれだけで勢いが出てきます。撮るのも難しく、効果も大きいので売れ行きはいいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このフォトストックサービスはすでに飽和状態と言われている副業ではありますが、月に100万円以上稼いでる日本人が実際にいたり、カメラが趣味の人も多いはずなので、その趣味でお小遣いが稼げると考えれば決して悪いものではないでしょう。

もし自分も売ってみたいなと思う人がいたら、趣味を兼ねて始めてみるのがいいかもしれません。