一攫千金を狙おう!FXの始め方

副業として人気のあるFX。副業だからこそ始めやすい資産運用でもあります。元金のいる副業なだけに、しっかり稼ぎたいもの。

下準備と基礎を万全に整えて、確実な資産運用をしていきましょう。

FXとは?

まずはFXについて説明していきたいと思います。FXとは「Foreign Exchange」の略です。日本語では「外国為替証拠金取引」のことを指します。

FXは「為替差益」で利益を上げます。つまり、ドルやユーロなどの2つの通貨を売買し、為替の変動で利益を稼ぐのです。

例えば、1ドル100円で買うとします。それを売る時に1ドル110円なら10円の利益になります。これは10円の為替差益が出たということになります。当然、買う時は1ドルだけ買う・・なんてことはないので、ある程度まとまった利益を得ることができるわけです。

通貨の価値は1日の内だけでも変わっています。この価格変動の流れを予想し、取引する投資がFXです。

1万円ほどの資金から始めることができ、ざっくり言うと、為替レートが上がるか下がるかの二択を予想するだけの取引なのです。

しかし、大切な資産運用は、当たるも八卦のギャンブルではありません。その二択を選択するためにしっかりした基礎知識や分析、リスク管理も必要です。

FX業者に口座を作ると、取引を支援するための各種情報やツールが無料で用意されていて便利です。

為替市場は24時間開いていて、パソコンだけではなくスマホからでも取引可能で、いつでも市場をチェックすることができます。

そして、取引コアタイムと言える時間帯は日本時間の夕方から深夜までの時間帯で、短期売買でも為替差益を狙いやすい時間帯でもあります。

帰宅してからの時間を有効活用できる会社員にもおすすめの副業です。

FXのやり方

FXでは多数の取引会社があります。まずは取引会社を選び口座を開設します。

取引会社を選ぶポイントは取引ツールの使いやすさや情報力などもありますが、よくわからない時は大手の外為どっとコム・外為オンライン・GMOクリック証券・ヒロセ通商などのFX業者を利用するのが安心です。

FXに慣れてる人は各社に口座を作り、複数の業者を使って自分の使用感で選んでる人も多いです。

少額の資金をFX口座に預け入れることで(証拠金)、大きな取引のできる仕組みをレバレッジといい、少ない元手を有効に活用することができます。

しかし、気を付けないといけないことは、レバレッジ取引は利益が大きくなる分、損失も大きくなります。もしもレバレッジで大きな取引をして、大損したとしたらどうなってしまうのでしょうか。

FXではロスカットというシステムがあり、たとえ決済できていなくても、取引途中の損失が大きくなってくると、自動的に強制決済が行われるので、基本的に証拠金以上の損失が出ることがないようになっています。

とは言え、最初のうちはハイリスクハイリターンを避け、レバレッジ2倍程度の取引から初めた方がいいでしょう。

また、取引をするとOCO注文などを活用して、大きな損失を被らないようリスク管理することも大切です。

OCO注文とは取引中のポジションの利益確定の売り値と損失確定の売り値を同時に予約できるシステムで、早く到達したほうのレートで利益または損失が確定されるようになります。

これは、為替相場は24時間動いているので、寝ている時や本業中に予想をはるかに超えた変動が起こることも時にはあり、そのようなリスクに備えるためのものになります。

よく聞かれる「投資は怖い」「借金まみれになる」といった不安は、これらのシステムで回避することができるようになっています。

FXの取引は大きく分けて、スキャルピング・デイトレード・長期トレード・スイングトレードの4種類があります。

このスキャルピングトレードが一番人気の取引手法で、超短時間売買を指します。レバレッジをきかせて、大きな取引で、短時間の間に利益を得ることができますが、リスク回避が難しい手法でもあります。

デイトレードは1日で発注から注文までを終わらす取引のことを言います。スキャルピングのように短時間の動きを見て売買する手法と比べると先を読んで取引することがでるので初心者に適した手法といえます。

長期トレードは1週間、あるいは数カ月に渡ってポジション(所持している外貨資産の状態)を保有し、高金利通貨の利息を稼ぐための手法になります。

スイングトレードは数日で取引を終わらせる手法になります。為替相場はレンジ相場と言われるように、何度も同じところを行ったり来たりを繰り返すことが多いので、スイングする為替相場を見極め、レンジ相場の安値で買い、高値で売る効率のいい手法です。

FX業者には、それぞれ得意とするトレード手法と適したツールが準備されています。好みのトレードでFX業者を選ぶのもいいですね。

FX業者が決まればホームページの「口座開設はこちら」のボタンから口座を開設します。口座開設に手数料や維持費は一切かかりません。

登録後、3日ほどでIDとパスワードを記載した書類が届きます。その後、口座に資金を入金して、スマホにアプリをインストールすれば、いつでも取引できるようになります。

FXってどのくらい稼げるの?

FXでどのくらい稼いでいるのかは、人によってバラつきがあります。

最初の1年は勉強と心得ていた方がいいのかも知れませんが、FX初心者でも本業の収入より稼いでいる人たちは実際います。そのような人はやはり最初の投資資金が多い傾向があるようです。

元手が大きくなればなるほど稼ぎも大きくすることができるのがFX。少額の資金から始める人は、コツコツ利益を生み出し、稼いだ利益はそのまま資金として運用していけば、いずれは大金になっていくでしょう。

そうなるためにも、最初は安全にコツコツと月に1万円ほどの利益を上げていくことが大切になってきます。

では、元手がそこそこ増えて、稼いでいる人は実際にどのくらいの金額を稼いでいるのでしょうか?

以前、脱税で捕まった人はFXで10億円近く稼いでたようです。数年で10億円の利益とは、稼ぐ人は稼いでいる、稼ぐことは可能ということになりますね。

では、副業として資産運用をしている人はどの位、稼いでいるのか?

FX初心者のAさん(23才)とFX歴7年のBさん(38才)と、FX歴12年のCさん(37才)にお話しを伺ってみました。

初心者のAさんは副業として以前より興味のあったFXに1万円を証拠金にし、1か月どのくらい稼げるのか、まずは試してみたそうです。

レバレッジ取引で半月で11万円の利益が出たそうで、利益は全て証拠金にして取引を繰り返し、一カ月後には21万円の利益になったそうです。

まだ初心者なので今は資金作りの段階ですが、想像していたより大きい稼ぎになったとご本人も驚いていました。これからも資金を増やすことを目標にしてFXを続けていくそうです。

FX歴7年のBさんは最初の資金として、ヘソクリの3万円からコツコツFXを始めたそうです。今では資金も250万円を超え、月にだいたい3万円から5万円前後の利益があるとのこと。勿論、取引でかなり儲けたことも、損失を経験したこともあるそうです。

しかし、Bさん曰く、FXはギャンブルではなく資産運用なので、ロングスパンで見て増えていたら成功。とのこと。確かに銀行に貯金してても月3万の利息はつきませんよね。

FX歴12年のCさんも最初はボーナスから5万円を資本金に出し、少額からFXを始めたそうです。ダメだったらすぐにやめようと思いながらのスタートだったとか。

毎月1万円ほどの利益だったとしても、損失を出さないようにリスク回避を徹底してやってこられたそうです。一度、一週間ほどで200万円が1400万円になった経験をお持ちです。

最初の5万円が今では資金1000万円になり、かなり順調に資産運用できていますよね。

FXで稼げる金額は人それぞれですが、初心者はリスク回避をしながら、また、経験を積んだ目で為替レートの流れを読みながらの取引をしていくと、十分利益を上げるのは可能ということになります。

まとめ

FXは、資金を投資し取引量を増やし、大きい値動きがあれば利益は増えます。逆に大きな損失になることも当然あります。しっかり知識を増やし、リスク管理をすることが大切ですね。

また、少額からでも始めることができ、確実にコツコツと資金を増やしていけば、大きい利益も可能になります。突発的に思いがけない高収入になることもFXならではの魅力になります。