手作りした物を売ろう!主婦のハンドメイド販売

最近テレビでも紹介され、注目されている副業が、ハンドメイドです。

簡単に作れる小物から、凝ったアクセサリーまで楽しく作りながら、それを副業にしている主婦さんが増えています。

趣味と実益を兼ねた、とてもおすすめな副業なので是非チェックしてみてくださいね。

ハンドメイド副業ってどんなお仕事?

ハンドメイド副業とは、手作りのオリジナル商品を作ってスマホで販売するという副業です。当然ノルマや納期もないので、自分のペースで自由に作業する事ができます。

手作りといえば女性向きなイメージですが、男性の作り手さんも意外に多く、男女どちらにもおすすめの副業です。

具体的な内容は空いてる時間にハンドメイド品をコツコツ作成し、できた物をフリマアプリやネットショップ、オークションなどを利用して販売します。

売れ筋の商品を再販したり、同系列の別バージョンを作ってみたり、新作を出して見たり、全て一点ものにしたりなど、売り方も自由自在です。

アクセサリーや服、カバン、陶芸作品、ぬいぐるみなど、色々な物が作られています。初めは大手の有名なサイトに登録して販売した方が実績もあり安心でしょう。

ハンドメイド副業の始め方

ハンドメイド副業は「まず、何をつくるか?」から始まります。

お裁縫が得意な人、編み物が得意な人、手先が器用で細かい作業が得意な人、また、自分の興味のあるものから選んでみましょう。

作るものが決まればまず作成準備に取り掛かるのですが、ハンドメイド副業には材料費という初期費用がかかってきます。

売上からこの初期費用を差し引いた分が利益になるので、なるべく材料費は抑えたいですね。材料にはフリマやネットオークション、手芸屋のセールなどをうまく利用しましょう。

商品が出来上がったら販売するサイトを選びます。大手で有名なハンドメイド販売サイトを紹介しますね。

  • BASE 初期費用・月額使用料無料
  • minne 初期費用・月額使用料無料
  • welcart 初期費用・月額使用料無料
  • ココナラhandmade 初期費用・月額使用料無料
  • iichi 初期費用・月額使用料無料
  • tetote 初期費用・月額使用料無料

サイトにより雰囲気や置いてある商品の種類などが変わってきます。自分の商品に合ったサイトを選ぶと販売にも効果的です。

どんな物がよく売れるの?

売れ筋は、ピアスやイヤリングといったアクセサリー系で、ビーズを使ったものやレジン系、天然石、ガラス玉、樹脂粘土といった素材を加工しています。

革や布で作られたカバンやリュック・ビーズなどで飾り付けされたポーチや財布も人気があります。

オリジナルデザインのシャツやスカートなどの衣類は、作り手さんの服のファンになった人達がリピーターになるなど、根強い人気です。

アイディアが盛り込まれた「あったらいいな」的発想のDIY商品もよく売れています。編み物系でしたら、あみぐるみ、羊毛フェルトで作ったぬいぐるみが人気ですね。

他にもブリザードフラワーのリースや食器、置物、ファブリック系などの商品もあります。

どれも手作りならではの味があり、作り手さんの温もりや、気配りまで伝わってきます。これがハンドメイドの売れる理由のひとつになります。

ハンドメイドで稼ぐコツ

せっかく一生懸命作ったものだから、たくさん人に買ってほしいし使ってほしいですよね。ハンドメイド副業で稼ぐ基本のコツをいくつかご紹介したいと思います。

〇売れ筋の商品を作ること。

売れるものを作ると、当たり前ですが稼げます。

売れ筋の商品をチェックし、どんな素材なのか、デザインはどういった感じなのか、自分ならどうアレンジできるかなど、細かくリサーチしましょう。

その上で、自分が作れるもの、自分の興味を惹かれるもの、高く売れるものを作成します。

〇商品に付加価値をつける。

もしも他にたくさんあるような同じ商品だったとしたら、どうすれば売れるでしょうか?

それは他より目立つような付加価値をつけると効果的になります。

ラッピングが他よりおしゃれだったり、お直しサービスや買ってくれた人に特典をつけるなど、コストを考慮した上で付加価値をつけましょう。

〇販売するサイトを考えよう。

自分の商品の雰囲気に合った販売サイトを選ぶようにしましょう。

訪問者数の多いサイトが良いのは勿論ですが、それぞれのサイトのカテゴリを見て、そのサイトはどのカテゴリに力を入れているかを調べるのも大切なポイントです。

〇適正価格を知ろう

他の方の商品を見て、同じような商品についてる価格をまずリサーチしましょう。その上で、原価+利益分=価格を設定するのが基本です。

しかし、他の方の価格がバラバラな時もよくあることで、その場合は「自分ならこの商品をいくら位で買うかな」と考えてみるのもいいでしょう。

あと、実店舗の価格と他の人の価格と自分の考えた価格の平均値あたりで価格を決めてもいいと思います。

ここでポイントをひとつ。「安かったら売れる」ということはないので注意が必要です。

〇商品の良さを伝える写真を撮ろう。

ネット上の取引なので、買い手は写真を見て判断します。せっかく良い商品を作っても、写真がおそまつでは残念な結果にしかなりません。

商品がよくわかるよう、大きく撮る、背景にも気を配り、商品がより一層引き立つような背景にすると、商品と背景のダブル効果が期待できます。

〇商品説明はきちんと書く

商品は良いものでも説明文が雑だと、全てが雑な印象になってしまします。商品の説明文はきちんと丁寧に書きましょう。買い手もイメージしやすくなります。

  • どのような商品で、使用したらどんな感じか
  • 商品のポイントやこだわっているところ
  • 素材やサイズ、カラーや柄
  • 発送方法や送料など

自分が買い手の立場になって、商品を作成したり販売することで、細やかな気配りなどができるようになり、買い手が付きやすくなったりリピート率が上がる効果があります。

また、やってみたいけど不器用だから・・とか、売るほどのものは作れないなど不安のある初心者におすすめなのが、ハンドメイド通信講座です。

この講座を受講して、ハンドメイドのノウハウを勉強し、ハンドメイドクリエイターの資格を取得することができます。

初心者でも本格的なアクセサリーやバック、編み物、雑貨などが作れるようになります。楽しみながら資格を取得できるので、おすすめですよ。

ハンドメイド販売ってどのくらい稼げるの?

ハンドメイド販売の純利益は、売れた金額から材料費と梱包代などを差し引いた金額となります。収入にはバラつきがあります。これは、作っているものや、作成ペース、材料費にかかるお金、価格設定などが違うためです。

ハンドメイド作家さんの収入例を3つほど見てみましょう。

〇ハンドメイド歴半年のAさん

必要経費を差し引いた1ヶ月の収入は約2万円ほど。天然石でアクセサリーを作っています。ハンドメイドを自己流に勉強しながら作成しています。

材料なども安いものを見つけて買い揃えながら空いている時間にゆっくりペースで作っています。最近は少しずつ収入も増えてきたそうです。

〇ハンドメイド歴3年のBさん

必要経費を差し引いた1ヶ月の収入は約10万円ほど。最近 価格改正したそうです。

最初の頃の自信のない価格設定のままでやってきたのですが、技術力も向上し、作風が好きだというリピーターさんもついてきたので、思い切って少し値上げしたそうです。

心配してたお客さん離れもなく、利益が増えたそうで、ますます作成に意欲が沸いたと話してくれました。

〇ハンドメイド歴5年のCさん

必要経費を差し引いた1ヶ月の収入は約20万円とのこと。ハンドメイドクリエイターの資格を持ち、制作技術や作成スピードもプロ級です。

これまでは、売れなくて悩んだ時期もあったそうですが、昔からハンドメイドが好きだったこともあり、辞めることなく作品を作り続けていたそうです。

サイトを変えたり、twitterやインスタグラムで作品を紹介したりと細かな努力をしていくうちに、少しずつ売れるようになり、今では、山ほど売れずに抱えてた在庫も全て完売したというのも驚きですね。

やはり最初の初心者時期は大きくは稼げない傾向がありますが、作っているうちに作業も慣れ、テクニックもセンスも磨かれていきます。

ハンドメイド販売はコツコツと続けることが最大のポイントになります。複数のサイトに出品したりSNSで宣伝したりと、売るための工夫を凝らしてみましょう。

まとめ

ハンドメイド副業は、自分で作ったものを、他の方に使ってもらえる楽しさのある、おすすめの副業です。商品を作るには根気がいりますが、生活にメリハリが出て充実感を味わうことができます。

どの副業にも「慣れ」は必要です。最初はゆっくりであっても、たくさんの商品を作り、早く慣れることが高収入への一番の近道です。

自分も、お客さんも、それぞれに楽しく、嬉しくなる素敵な作品を作ってくださいね。