初心者におすすめしたい在宅ワーク【決定版】

家事や育児、仕事などと両立しながら働くことができる在宅ワークで収入を得たいという人が増えてきています。在宅ワークと一言で言ってもその職種数は多く、どのような仕事が自分に合うのか迷ってしまうほどです。

今回は在宅ワーク初心者さんにもおすすめできるお仕事をご紹介したいと思います。

在宅ワークを始める理由

在宅ワークを始める理由は人によりそれぞれ異なりますが、やはり一番多い理由として「お金」があげられます。

自分のお小遣いにしたり、生活費や家計の足し、貯蓄のためなどその用途は様々ですが、お金により暮らしにゆとりが生まれるということは共通して言えます。

また、在宅ワークの大きなメリットである「自宅で仕事が出来る」も在宅ワークを始める理由に多く見られます。

家事や育児、介護などで外に働きに出れない主婦さんや妊婦さん、待機児童問題に直面しているママさん達もこれに当てはまります。外で働きたくても働けないという方たちが在宅ワークを始めています。

在宅ワークなら自分の都合のいい隙間時間に仕事を進めて行けるので、現状のライフスタイルを崩すことなくお金を稼ぐことができるのです。

今どんな在宅ワークが人気なの?

在宅ワークと聞くと、昔の内職のイメージが浮かぶかも知れませんが、最近の人気在宅ワークはパソコンやスマホを使ったネット在宅ワークが定番となっています。

ネット在宅ワークにはアフィリエイト、データ入力、ポイントサイト、アンケートモニターなどがあります。

アフィリエイトは初心者には少し難易度が高いかもしれませんが、データ入力、ポイントサイト、アンケートモニターなどは初心者におすすめのお仕事で、手軽に始められてノルマなどもありません。

また、女性にはチャットレディやメールレディもおすすめです。チャットレディやメールレディは始めてすぐに高収入を得ることもできますが、データ入力やポイントサイトは基本的にお小遣い稼ぎ程度しか稼げません。

とは言え、自分のお小遣い程度の金額が目標の方や、お客さん相手ではなく自分一人でコツコツ稼ぎたい人には向いている在宅ワークになります。

在宅ワークの探し方

在宅ワークを始めるにはまず求人情報を見付けないといけません。

「在宅ワーク」と検索すれば在宅ワーク求人のほとんどはネット上で探せると思います。また、雑誌の広告や求人誌にも載っていることがあります。ハローワークで在宅ワークの取り扱いはありません。

一番簡単に在宅ワークを見つける方法は「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングのサイトです。

登録は無料で、登録後はすぐにお仕事を始めることができます。サイト内には色々な種類のお仕事が掲載されていて、作業内容も自由に選ぶことができるのでお小遣い稼ぎに最適です。

在宅ワークを探す時にまず注意すべきことは、詐欺にひっかからないことです。残念なことに、在宅ワークを謳い文句に金銭を騙し取る詐欺業者も存在します。

詐欺に多い手口は、登録料(契約料)や研修費、教材購入費などの名目で仕事前に金銭を要求されるパターンと、仕事を完了させたにもかかわらず、その報酬が支払われないパターンなどがあります。

やたらと高報酬な業者や事前に高額な登録費、教材の購入を求めてくる業者、電話番号や住所が明確でない、または正しくない業者は疑ってみた方が賢明です。

このような詐欺被害に遭うリスクを減らすには、発注者の登録にきちんとした審査を行っている「クラウドワークス」や「ランサーズ」などの大手サイトを利用すると安心です。

在宅ワークの口コミと収入例

〇Aさん(女性・主婦・データ入力)

結婚前も事務系だったので慣れた仕事をと思い、データ入力の在宅ワークをしています。収入は単価設定やデータ量によりますが、私の場合時給1200円くらいになります。

まだ子供が赤ちゃんなので1日の仕事は大体2時間前後ほどです。もう少し働けそうですが、子供が幼稚園に入るまで長く続けていきたいので無理のない程度にしています。それでも毎月5万円以上の収入があるので満足しています。

〇Bさん(女性・OL・ポイントサイト)

ポイントサイトでお小遣い稼ぎをしています。通勤途中とお昼休み、帰宅後とで合計3時間くらい作業をしています。

ポイントサイトを始めてから今までボーっとしていた通勤時間が在宅ワークのおかげで有意義な時間になり驚いてます。1日3時間くらいで1000円前後の時給で、月のお給料は3万円くらいです。

ポイントサイトから銀行口座や資料請求、カード発行をすると6000円から1万円ほど稼げるので、時々良さそうなものを選んで臨時ボーナスにしています。ポイントサイトは誰でも簡単に2万円から3万円のお小遣いができるのでおすすめですよ。

〇Cさん(男性・会社員・アンケートモニター)

在宅でできる副業を探していたところ、アンケートモニターを見つけて始めました。会社の昼休みや仕事から帰宅後の少しの時間にやっています。作業時間は1日1時間くらいでしょうか、月に2万円くらいの収入です。

アンケートサイトにサンプルモニターの案件が時々あるので毎回応募しています。まだ消耗品のサンプルしか使ったことはありませんが、いつか家電のサンプルモニターができればいいなと言う感じですね。

〇Dさん(女性・主婦・メールレディ)

メールレディの在宅ワークをしています。昼間の暇な時間に4時間ほどお客さんとメールのやり取りをして、月に6万円から7万円ほどのお給料になっています。

4時間といってもずっとメールをしている訳ではなく、メールを待ってる待機時間込みなので、待機しながら家事を一通りこなせます。

固定客がつくと、もっと稼げるようになるので、月収10万円を目標に頑張ります。

在宅ワークを長く続けるコツ

在宅ワークを長く続けるために1番大切なことは自分に合った在宅ワークを選ぶという事です。最初から勢いをつけるのはいいことですが、勢いづいて無理をして結局続かなかったというパターンは多いです。

もちろん収入は多い方がいいのですが、自分のライフスタイルを大きく変えてしまうと家事や本業に支障が出てくるリスクも高くなってしまいます。

コツコツ作業が向いてる方には、データ入力などのお仕事が向いていますし、変化がないと飽きてしまう人にはメールレディのような仕事が続くのではないでしょうか。

最初から目標金額を高くするとハードルも上がってしまうので、まずはお小遣い稼ぎを目標にして、慣れてきたら目標を上げていく方がスムーズに仕事を進めていけます。『コツコツ無理せずに』が在宅ワークを続ける上で1番大切な事だと思います。

もしも「この仕事は合わない」と思ったら、いつでも違う在宅ワークにシフトチェンジすることもできます。色々な仕事に手軽にチャレンジできるのも在宅ワークのメリットの1つですね。

また、本業をお持ちの人は会社にバレない方法に配慮しないと、在宅ワークは続けていけません。会社にバレない3つの方法があります。

在宅ワーク自体、自宅での仕事なので「コンビニや居酒屋でバイトしてたら会社関係の人が来た」という絶体絶命のピンチにはなりませんが、就業規則で副業を禁止にしている会社も多いので、バレないように気をつけなければいけません。そのためには副業分の確定申告は自分で手続きをしましょう。

  1. 確定申告の際に住民税の徴収方法の選択を「給与からの天引き」ではなく「自分で納付」にチェックを入れると、会社には副業の収入分の住民税の通知はいきません。自分の手で副業分の住民税を支払っておけば会社にバレる心配はありません。
  2. 「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は副業の会社には提出しません。源泉徴収税額表の乙欄で処理してもらえるよう副業の職場に伝えてください。
  3. 例え仲が良い同僚であっても在宅ワークのことは内緒にしておきましょう。実はこれが会社にバレる時の一番多い理由です。人により副業の捉え方は異なりますし、お金を稼いでるということで不本意ながら妬みを買うことも考えられます。副業の話は家族以外には話さない方が賢明です。

まとめ

今回は初心者におすすめしたい在宅ワークをご紹介させていただきました。最初はいろいろ不安もあるかも知れませんが、ほとんどの在宅ワークは難しい操作などは必要ありません。

おすすめさせていただいた在宅ワークは、特に初心者さんに始めやすい仕事内容になっています。自分に合った在宅ワークで、無理をせずコツコツと稼いでいきましょう。