【未経験からのスタート】FXと株、どちらが稼げる?

FXや株という言葉を、最近よく耳にする機会が増えたのではないでしょうか。とても稼げる、リスクは少ない、などプラスな面ばかりがクローズアップされる事が多いように見えますが、果たして本当のことなのでしょうか?逆にこんなニュースも聞いたことがあるはずです。株に失敗した人がホームから飛び降りて電車ひかれたとか、そういう暗いニュースも後を絶つことはありません。果たして株やFXというのはどういったものなのでしょう。

やはり未経験者の方だと最初にFXや株と聞くと尻込みしてしまいますよね。FXと株、どちらが儲かるのか、どんな安全性やリスクがあるのかなどまず把握していきましょう。

FXとは外国為替証拠金取引です

日本円で米ドルを買い、1ドル100円の時に買ったとして、それが130円になれば上がった分と買った分だけ儲けとなります。もちろんそこから税金や手数料などかかってきますが、当たれば大きいので一気に大金持ちになる人もいます

しかし主婦のお小遣い稼ぎとしては、リスクは高めです。ただここ数年、FXをしている主婦は増加傾向にあります。

株が日本市場で取引時間が決まっているのに対し、FXは世界のどこかしらで市場が開いているので24時間取引が可能です。10万円の資金で100万円分の取引が可能だったりするため、損失もその分大きくなる可能性があり安全とはいえません。

株とは、企業が事業資金を調達するために発行しているもので、株を買うとその企業に出資したオーナーの一人になることを意味します。株を所有している株主は配当金や株主優待を受けれるメリットがあります。

株の取引にしても基本的には、元本の範囲内で取引できるので、最悪でも全財産を失うだけですみます。信用取引に手をだすと、元本の3倍までの株を買い付けできるようになり、こちらもまた安全とは言うことはできません。元本内での取引をするならばFXよりは安全と言えるかも知れませんね。

株取引が出来るのは平日の朝9時から11時30分までと12時半から15時まで、となっております。特殊なシステムを使って夜間取引もできますが、計画的にお小遣いを作れる手法ではありません。

こうしてみてみるとやはり株もFXも大きな危険性をはらんでいると言えるかも知れません。あえて言うなら株は倒産リスクなどもあるためFXの方がリスクは少ない、という方が多いようです。しかしそこは何に投資するのかにもよってきますので、決して無茶はしないでください。