【会社にバレない!?】OLの副業の注意点

会社勤めの他の収入、たとえばネットでの副業やアルバイトなどは会社にバレたくないものです。会社によって副業を禁止しているところも少なくありません。うっかり同僚に副業のことを話してしまい、結局そこからバレる、なんてこともあります。

それと、副業を考える上で避けて通れないのが税金問題です。本業と同じで、副業で得た利益に対しても自ら税務署に申告する必要があり、税金を納めなければなりません。

副業で得た利益といっても、アルバイトで得た収入は「給与所得」といって、会社員が得る収入を同じ分類となります。それとはまた別に、アフィリエイトや、クラウドソーシングオークションなどにより得た収入は「雑所得」という分類になり、この雑所得は、OLの場合は年20万円を超えなければ、申告する必要はありません。もし、主婦、学生、フリーターなどで扶養家族であったり、年金受給者だったりすると38万円まで申告の必要はありません。そのほかにアパートなどの不動産を利用する不動産所得というものもあります。雑所得と不動産所得は、必要経費を引くことができ、所得額は、収入から経費を差し引いた額となります。FXや株はどうなるのでしょうか。FXは上で書いた雑所得の区分となります。株のほうが利用する証券会社の特定口座で源泉徴収ありを選択してください。そうすればバレる心配もなく、確定申告もする必要がなくなり楽になります。

税務署はそれらの収入の対する税金を、あなたの本業のお給料から差し引くべき納税額としてあなたの会社に通知します。副業の利益分の税金も合算されてるので、当然納税額が会社の通常のお給料より高くなり、そこから副業がバレることがよくあります。

ではどうすればよいのか。基本的に確定申告のときに、普通徴収を選択し、ご自分で確定申告をしてください。しかし確定申告後に何もしなかったりすると会社に通知されてしまう場合もあるので、管轄の税務署に「自分で税金を直接納税します」と問い合わせて手続きするのがいいかもしれません。納税方法には2通りあり、自分で直接納税する「普通徴収」と、会社からの天引きによる「特別徴収」とがあります。会社に副業がバレたくなければ、「普通徴収」を選択しなければならないのですが、これを選択しても会社に通知されてしまう場合もあるようです。なので税務署に問い合わせて納税した方が安全といえるでしょう。